【23歳の振り返り。今年やったこと12選】 20代でも我慢せずやりたいことをやろう。

20代の周りの人がやってよかったことって何か気になる。

2022年良い切り出しができるためにも2021年に周りの人がどんなことに挑戦しているのか気になりますよね。

今回は、毎月新しい挑戦をしていると言っても過言ではない私たちが、実際に2021年やってみて良かったことをご紹介します。ぜひ、気になる方は最後までご覧ください。

目次

【23歳の振り返り。今年やったこと12選】 20代でも我慢せずやりたいことをやろう。

今回の記事の結論はこちらです。

  1. YouTubeチャンネル開設
  2. 積立NISA開始
  3. やりたくないことはやらない
  4. 鬼残業
  5. SNSをガチる
  6. ブログ毎日投稿
  7. 音声配信開始と、音声を聞き漁る
  8. 圧倒的読書とお金の勉強
  9. 動画編集を覚える
  10. 一日中だらだらする日をなくす
  11. 早起きをし続ける
  12. 国家資格の勉強

それぞれ具体的にご紹介します。

YouTubeチャンネル開設

夢のYouTuberの一歩を踏み出した2020年でした。

当初は、毎日投稿を計画して進めていましたが、さすがにブログと並行して進めるのはしんどいかつ、SNSと本業にも追われて最近は投稿できていない状況です。(言い訳)

ただ、なぜ2020年にチャンネルを開設して良かったかと言うと、無名から収益化を達成するまでにはかなりの時間が必要になるからです。

YouTubeのチャンネルに広告をはれるようになるには、

  • チャンネル登録者数 1000人
  • 動画再生時間 4000時間

が必要になってくるのですが、この2つの条件を満たすためには戦略を練って、本当にコツコツ投稿しないと達成できません。

なので、これからYouTubeやっていきたい!という方は早めにチャンネルを開設して、少しずつコツコツと動画をあげていくことがオススメです。

積立NISA開始

2つ目は積立NISAです。

投資は、ご存知の通り時間をかけて少しずつ資産を増やしていくことがセオリーなので、若いうちに早めたもん勝ちみたいなところがあります。

そのポイントに気づいてしっかり2020年に積立NISAを始められたのは良かったです。

積立NISAの口座を解説して投資をすると、年40万円、20年間までですが、取引に当たっての税金がとられません。複利という考え方や、ドルコスト平均法は要チェックです。

私たち夫婦は、2人で満額6.6万円を積み立て投資しています。

やりたくないことはやらない

2020年、やりたくないことはやらないという選択をとれるようになってきました。

少し無理してでもやろうかな。と思っていたこともきっぱり断れるようになりました。

自分がやりたいことと紐づかないやらないことをやる時間は私たちにはありません。

やりたくないことはきっぱり断って、本当にやりたいこと、やるべきことに集中しましょう。

時間がない!となる原因の9割は無駄なことをしている時間が削減できていない可能性ありです。

鬼残業

鬼残業が意外と、やって良かったと思っています。

それこそ、13,14時間1日に働くこともありましたが、あれ、自分何しているんだろう?という感覚を感じられたことと、頑張ったことの経験が今の自分を強くしてくれているのは間違いないからです。

また、自分のキャパを知るという意味でも一回がっつり残業してみるのはオススメです。

そこで、限界と1日にこなせる業務量がわかってきたら、上司、先輩と作業の調整ができるようになります

無理なものは無理です。

SNSをガチる

SNSをガチって良かったです。

今のSNSの総フォロワーさんが2万人を超えてきました。

今まで本当に0の状態から、ここまでこれました

もちろんコツはありますが、楽に伸ばせる方法はないことに気付き、どうすれば伸ばせるかも理解できたので、それが1つの自信になりました。

これから、どんどんSNSの重要性は高まっていきます。自分には無理と思っていないで、がちりましょう。

1年あれば人生はかなり変わります。

ブログ毎日投稿

ブログを毎日投稿して本当に人生変わりました。(毎日投稿650日超え)

本気で断言できます。どんなことでも成功している人はひたすらハマってひたすら行動してひたすら改善して、ひたすら継続しています。

何でも良いのですが、とにかく毎日続けられることを見つけてください。

毎日継続できると自信に変わります。

音声配信開始と、音声を聞き漁る

今、音声配信が熱い時代がきています

そんな時に波乗りをするがごとく音声配信を開始しました。

このすぐに実行に移せたということがすごく良かったと感じています。

一歩踏み出す時間が、日に日に速くなってきているので、いつでも何かのバブルにのれる準備ができています。

このすぐに新しいことに飛び乗れる人がこれから時代求められています。

圧倒的読書とお金の勉強

圧倒的読書を今年もできました。やはり読書をすることで、年ごとに成長していることを実感できます。

2020年は特にお金の勉強をするための本を読み漁りました。

お金の不安がどうしてもあるという方は少しずつでも良いので気になる本を読んでみて実践してみてください。

少しずつ不安がなくなってきます。私たちがオススメの本はこちらでご紹介しているので、合わせてご覧ください。

動画編集を覚える

YouTubeの流れですが、新しいスキルとして一般的な動画編集スキルを身に着けることができました。

動画編集で、カットやテロップの入れ方やサムネイルが作れるようになってくると、もし本当に職を失った時に、いつでも企業や個人から案件が取れる状態になります。

※プログラミングや、ライティングもその一種ですが。

今後いつリストラされてもおかしくない社会がくる予感しかしないので、何か手に職を身に着ける意味で、動画編集を始めてみることがオススメです。

一日中だらだらする日をなくす

基本的なことだとは思いますが、今年2020年1年間、一日中だらだら過ごすだけの日を一日も送りませんでした。

もちろん、途中でだらけることはありましたが、本業にしっかりと向き合い、休日はブログ、YouTube、SNSをガチる時間としていたので、必然的にだらだらする暇がなかったです。

このおかげで、同世代の中でも自分は頑張れている自己満足感を得られそれが少しずつ自信になってきています

もちろん2021年も365日無休で仕事をしたいと考えています。

早起きをし続ける

また、先ほどと少し内容は被りますが、365日遅く起きることがありませんでした。

やること満載だったおかげですが、5時起きを徹底し(毎日ではありません。)、本業前に作業、本業後に作業を積み上げました。

この早起きの習慣をつけることで、遅寝遅起きの人より集中して作業する時間がとれたので、かなり良かったです

この習慣を崩さずこれからも継続します。

国家資格の勉強

国家資格の勉強に現在は挑戦しております。

日本人は、社会人になった途端月に平均5分ほどしか勉強しなくなるというデータもあるので、勉強しているだけで上位になれること間違いなしです。

もちろん資格が全てではないですが、勉強したいことをひたすら楽しんで学びましょう。

大人になってからの勉強の方が楽しいです。

まとめ:【23歳の振り返り。今年やったこと12選】 20代でも我慢せずやりたいことをやろう。

いかがでしたか?

今回は、私たちが2020年にやって良かったことベスト12をご紹介しました。

  1. YouTubeチャンネル開設
  2. 積立NISA開始
  3. やりたくないことはやらない
  4. 鬼残業
  5. SNSをガチる
  6. ブログ毎日投稿
  7. 音声配信開始と、音声を聞き漁る
  8. 圧倒的読書とお金の勉強
  9. 動画編集を覚える
  10. 一日中だらだらする日をなくす
  11. 早起きをし続ける
  12. 国家資格の勉強

まだ、挑戦していないことがあればぜひ2021年に挑戦してみてください

私たちも新たなる挑戦を2021年にしていきます。

簡単にシェアできます
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳┃1,000日間ブログ毎日投稿続けた夫婦の夫の方です┃月9.9万PV(最高)┃日刊SPA!掲載┃早稲田→大手コンサルサラリーマン┃社会人4年目┃世帯年収1,400万円┃積立投資┃4サイト運営中┃雑記ブロガー→特化メディア編集者┃いつ消えるか分からない副業で震えながら生活中。

目次
閉じる