鮫洲運転免許試験場に卒業検定を受けてきた!都内で免許をとる方必見!

卒業検定を鮫洲運転免許試験場で受ける皆様へ。

2019年4月に無事、免許を取得した私が、当日の流れや時間、試験場の様子などを細かくお伝えします。 受付から適性試験、学科試験、合格発表、写真撮影、免許証交付。様子を知って、自信を持って試験を受けてください。 もちろん勉強は忘れずに、しっかり準備をしてから試験に臨んでください。

目次

鮫洲運転免許試験場に卒業検定を受けてきた!都内で免許をとる方必見!

ついに!!私が!!

運転免許を取得しましたー!!

早くみんなを乗せてドライブに行きたいのですが…怖くて乗りたくないと言われます笑
そんなことは置いといて、卒業検定、私はめちゃくちゃ緊張しました!

  • どんな雰囲気なんだろう?
  • 何時に行けばいいの?
  • 90点取れるかなぁ。。

そんな不安を抱えるであろうこれから卒業検定を鮫洲で受ける皆さんへ、流れやその様子を教えちゃいます!
ただ、場内写真撮影が禁止なので、文字だけでお伝えします。
これで少しは安心して、試験をむかえられることを祈ります。

鮫洲運転免許試験場へ

東京にお住いの皆さんは、以下のいずれかに行きます。

  • 鮫洲運転免許試験場
  • 府中運転免許試験場
  • 江東運転免許試験場

私は、鮫洲に行きました。
京浜急行線 鮫洲駅から徒歩約8分。私はこれでいきました。
駅降りたら、運転免許試験場への矢印が所々出ていますし、運転免許試験場に向かう人たくさんいるので、迷うことはないと思います。
駅降りたら、見慣れない雰囲気で驚きました。
下町感といいますか…なんて言うんですかね。
驚く方もいるかもしれません。こんなところに試験場があるの??って。笑
意外と距離がありました。
品川駅や目黒駅から都営バスも出ています。

卒業検定試験を受けられる日

平日のみです!
2019年のゴールデンウィーク10連休は、やっていません!
年末年始もやっていません。
そこは注意ポイントです。

卒業検定試験の際の持ち物

  • 住民票
  • 写真
  • 卒業証明書
  • 仮免許証

上記の4点は、教習所がまとめて用意してくれると思うので心配ないと思います。

  • 手数料¥3,800(受験料¥1,750、免許証交付料¥2,050)

必ず現金で!
なんと私が行った時は、学科試験に合格した後、¥2,050現金で持っていなくて、やむなく午後の試験の人と同じタイミングで申請することになってしまった人がいました。

鮫洲運転免許試験場の卒業検定受付時間

午前に学科試験受験

適性試験受付:8:30〜9:05
学科試験受付:8:30〜9:15

午後に学科試験受験

適性試験受付:9:30〜11:30
学科試験受付:9:30〜11:40

鮫洲試験場到着から学科試験開始までの流れ

私は、午前に学科試験を受けたので、その時の様子を書きます。
結構なハードスケジュールでした!

受付 8:35
受験料支払い窓口 8:40-8:45
適性試験 8:45-8:50
学科試験受付 8:50-9:05
学科試験説明 9:15〜10:00
学科試験 10:00〜10:50
結果発表 11:15
免許証交付料支払い&写真撮影 11:40〜12:00
待ち時間 12:00〜13:15
免許証交付 13:00

受付 8:35

入り口をくぐると受付があって、そこの人に指示してもらえます。
申請書と質問票をもらうので、それを記入して(書く台があります)、受験料支払い窓口に行きます。

受験料支払い窓口 8:40-8:45

空いていると言われている時期でしたが、それでも5分程度は並びました。
ここで、受験料¥1,750を払います。
申請書に領収印が押されます。

適性試験 8:45-8:50

ここでも並びました。
やるのは、簡単な視力検査です。
よくある右左上下を答えるものと、赤黄青の色を答えるものをやりました。
ここで不合格になると、学科試験は受けられません。
もちろん受験料¥1,750も戻ってきません。
メガネの人はメガネやコンタクトを忘れずに!

学科試験受付 8:50-9:05

適性試験までは1階でしたが、学科試験受付と学科試験は3階です。
ここで、持ってきた書類を一式見せます。
無免許運転をしたことがあるか、免許失効したことがあるか、などの質問にも答えました。
そして、受験会場と受験番号が伝えられ、鉛筆と消しゴムも渡されます。
受験会場に入ると机に受験番号がついているので、そこに座ります。
説明が始まるまでの時間は勉強タイム!

学科試験説明 9:15〜10:00

試験官が入室してからは、鉛筆消しゴム、書類以外、全部カバンの中にしまうように言われます。
自分の時計も外すよう言われます。
携帯電話は、電源を切って机の上に置くよう指示され、試験官が回ってきて、電源が入っていないことを一人ずつ確認してからかばんに入れるよう指示されます。
書類を確認したり、学科試験受付の時にも聞かれた無免許運転のことや免許失効についてもまた聞かれます。
マークシートの記入も慎重で、ここらへんは時間がかかってみそ的には辛い時間でした。
なぜって暗記したの忘れちゃうから!
そして、問題用紙が配布され、いよいよ試験開始!

学科試験 10:00〜10:50

残り時間は、試験会場にいくつか設置されたモニターで確認できます。
普通に解いて、見直しをしても50分はかかりません。
終わった人から途中退出できます。
私も30分くらいで退出しました。
難易度は…というと、
教習所で渡された予想問題や勉強アプリMUSASHIの方が難しかった印象です。
当たり前だろーって問題もいくつか。笑
迷った問題といえばやっぱり、みそは普通自動車ATで免許取ったので、MTのこととか、バイクのことは、理解が浅くて迷ったりしました。
でも受かった自信はありました。

結果発表 11:15

試験開始前に、再集合時間を伝えられます。
今回は11:15ということで、席に戻ると、結果発表が始まります。
モニターに番号が表示され、番号があったら合格、なかったら不合格です。

あ、あった…!

ホッと一安心。わーい!わーい!
静かに心の中で喜ぶ人が9割8分、声を出して喜ぶ人2分。
私は心の中派でした。
20名弱が不合格でした。
不合格者はその場で退場になります。
時期によって違うようですが、午前の試験で不合格だった場合、午後の試験も受けられるそうです。
混んでいる時期はダメなようですが…
退場したら再び受付に行き、提出した書類を返してもらうそうです。
そこで学科の点数もわかるようなので、惜しかったら午後も受けてもいいかもしれませんね!
ちなみに合格だった場合、点数はわかりません。

免許証交付料支払い&写真撮影 11:40〜12:00

結果発表されてから、書類が手に戻り、次の段階に進むまでけっこう時間がかかりました。
その間は、試験官の話を聞きます。
免許取得1年目に違反をたくさんしてしまったら、、、講習あるよ…とか、そんな話でした。
準備が整うと、受験番号がランダムで呼ばれ、呼ばれた人から書類を受け取って、免許証交付料の支払い、写真撮影と進みます。
あ、写真撮影の前に、機械で4桁の暗証番号2つ登録します。
これは、免許証にICチップが入っていて、情報を見る時に必要な暗証番号のようです。
教習所の人に、両親の誕生日とかが忘れなくていいよと言われたのでその通りにしたみそです。
写真撮影は…すごく機械的と聞いてましたが、ものすごく!!!機械的です!
髪とか身だしなみ整える時間、ほんとにありません!
覚悟していたのに、それ以上の速さとテキトーさでした。笑
座った瞬間撮られます。
「結果、ブスでした。笑」
終わった人から、自席に戻って全員が戻るまで待ちます。
そして、免許証交付の時間が伝えられます。13:15には2階の交付会場にいてください、と言われました。
それまでは自由時間です。

待ち時間 12:00〜13:15

ちょうどお昼時でお腹も空いていたのでみそは2階の食堂でつけ麺を食べました。
700円!
他には、ラーメンやカレー、唐揚げ定食、そば、うどんなど、種類も豊富でした。
味は…普通!!!笑

1階には売店もありました。
帰り際にみたんですが、運転免許試験場の目の前に中華屋さんがあったのでそこに行ってもいいかもしれません。
食べた後は、もう交付会場の椅子に座って、スマホでドラマ見てました。

免許証交付 13:00

予定時間より早く、交付となりました。
受付番号〇〇〜〇〇の人。次〇〇〜〇〇の人。と2回に分かれて呼ばれました。
引換証とあと仮免許証と交換で晴れて免許をゲットできます!
もらったら、機械に免許証置いて、先程決めた暗証番号で免許証のデータが見られるか確認して、終わりです。
お疲れ様でした!!

まとめ:鮫洲運転免許試験場に卒業検定を受けてきた!都内で免許をとる方必見!

緊張もするかと思いますが、しっかり勉強すれば受かります!
あとは、時間には余裕を持って行動した方が良いです。
思った以上に多くの人が来ています。いちいち並びます。
混んでいると、受付時間に行っても受験できない場合もあるみたいなので、ぜひお早めに!
合格したあとは、機械的な写真撮影がありますが、免許を持つと何かと免許証の提示する場面が多くあります。
なので、可愛い自分の写真が撮れるようにおしゃれにきめて卒業検定に行くことをオススメします。
受験する皆さんが合格できるよう、祈っています!
私たちは今度恐怖のドライブに行ってきます。

簡単にシェアできます
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳┃1,000日間ブログ毎日投稿続けた夫婦の夫の方です┃月9.9万PV(最高)┃日刊SPA!掲載┃早稲田→大手コンサルサラリーマン┃社会人4年目┃世帯年収1,400万円┃積立投資┃4サイト運営中┃雑記ブロガー→特化メディア編集者┃いつ消えるか分からない副業で震えながら生活中。

目次
閉じる