ゴールドジムのパワーグリッププロのサイズ感は?口コミ&レビューをまとめました。(感想も含む)

ゴールドジムのパワーグリッププロのサイズ感が気になる。
ゴールドジムのパワーグリッピのプロを購入したいけど、サイズ感が合うのか気になるという方向けに記事を書きました。
実際に購入してみて思いましたが、本当にパワーグリップがあるとトレーニングの質が変わります。
色々と体験も含め行ったことのあるパーソナルジムでも使用されていて、パワー グリップといえばやはりゴールドジムというイメージです。

このダントツ人気のパワーグリップを男女で付けてみたので手首の太さが同じぐらいという方は購入前にかなり参考になると思うので、ぜひ、最後までご覧ください。

目次

ゴールドジムのパワーグリッププロのサイズ感は?口コミ&レビューをまとめました。(感想も含む)

前提:パワーグリップってなんで必要なの?

そもそもですが、パワーグリップがなぜ必要かご存知でしたか?トレーニング初心者のころの自分は、てっきりまめになりにくくなるからと考えてました。
もっと使用するべき理由は明確にあります。
それは、握力をサポートしてくれることで、トレーニングしたい部位よりも先に握力がなくなって手や前腕が疲れてしまうのを防止することができるからです。
トレーニングの効かせたい部位にきちんと効かせるためにもパワーグリップはマストで必要です。

ゴールドジムのパワーグリッププロのサイズ感は?

ゴールドジムのパワーグリッププロのサイズ感は、下記の通りです。

  • S 手首のサイズ 16cm
  • M  手首のサイズ 18cm
  • L  手首のサイズ 21cm
  • L  手首のサイズ 22cm
  • L  手首のサイズ 23cm

参考:Amazon
実際に下記の手首の太さの私たちが使用してみてました。

  • 女性 手首の太さ 13.5cm
  • 男性 手首の太さ 16.5cm

女性


女性がMサイズをつけるとちょっと大きいと感じるもののしっかり止めればぶかぶかになることはなかったです。
そのため、家族で1つというのもありです。

男性


思いっきりしばるとかなり血管が浮き出ました。上の画像の通り、きつくしばるとベルトの部分が少し長く感じるかもしれません。

もう少しゆるくしてみても、全然ぶかぶか感はなくちょうど良いサイズです。

ぶかぶか感はないので、同じ手首のサイズの方であれば、Mで問題ないかと。
実際にパワーグリッププロを実際に付けてみての感想ですが、1サイズ間違えてもきつく縛ることも可能なので使えないとなることはないです。
無難に手首の太さが大きくなることを信じている自分のような方は、ぴったりなサイズよりも少し余裕があるサイズを購入するのも手かと思います。
ぜひ、画像を見ながらぜひ選んでみてください。

ゴールドジムのパワー グリップの口コミは?

と、色々な評判がありました。
ゴールドジムのパワーグリッププロの口コミレビューをまとめると下記になります。
まず良い点は、
  • 握力や腕力に頼らなくなるので、回数をこなすことができ、また、背中にしっかりと効かせることができるようになった。
  • Amazonなら40%offで購入できてかなり安い。
  • 全く滑らなくなる。
悪い点は、
  • 男性だとSサイズはかなりきつすぎる。
  • 素材が良すぎて最初硬すぎるのと、ゴムが滑りにくすぎて逆に巻きづらく感じる。
  • 洗濯機で洗えない。
Amazonのレビューでも論争が起こっているSサイズかMサイズですが、迷ったらMサイズが結論良さそうです。
もちろん周りのレビューも合わせてご確認ください。

まとめ:ゴールドジムのパワーグリッププロのサイズ感は?口コミ&レビューをまとめました。(感想も含む)

YouTubeの動画でも良く言われていることですが、パワーグリップはゴールドジムのパワーグリッププロがオススメです。
理由としては、プロではなく通常のものだと、少し安っぽくみえてしまうからという声が多かったです。
やはり、トレーニングする際はなるべく良いものを使用することでやる気がアップするので良いです。
Amazonが通常価格から40%割引で購入ができたので、かなりオススメです。
ぜひ、チェックしてみてください。
他にもパーソナルジムや、プロテインに関しての記事も多数書いているのでぜひ合わせてご覧ください。

簡単にシェアできます
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳┃1,000日間ブログ毎日投稿続けた夫婦の夫の方です┃月9.9万PV(最高)┃日刊SPA!掲載┃早稲田→大手コンサルサラリーマン┃社会人4年目┃世帯年収1,400万円┃積立投資┃4サイト運営中┃雑記ブロガー→特化メディア編集者┃いつ消えるか分からない副業で震えながら生活中。

目次
閉じる